/ウィッグの長期保管について

ウィッグの長期保管について

しばらく使用する予定のないウィッグを長期保管する際は、ちょっとした工夫で型崩れなどや折りぐせを防ぐことが出来ます。

まず、一度でも使用したウィッグは前回のブログを参考にシャンプーをして、汚れや臭いを落とします。

次にウィッグの内側にアンコ(詰め物)をいれます。ご購入時に入っていたものでも問題ありませんし、捨ててしまった場合は新聞紙などを丸めて、型くずれしないように内側に入れてください。これにより、長期保管の際の「折りぐせ」などがウィッグにつかなくなります。

また、なるべく型が崩れない大きさの袋や箱を用意し、ホコリが入らないように密閉し、日が当たらない湿気のすくない場所に保管してください。

乾燥剤や虫除け剤などはウィッグに臭いがついてしまうことがあるので、極力使用しないでください。